地域と共に成長していく山口銀行

山口銀行の資産運用商品

山口銀行では資産運用商品として、スーパー定期や大口定期など各種定期預金商品や、比較的高い利益が期待できる外貨預金、公共債や投資信託などを用意しています。

定期預金は元本が保証されるのでリスクも少なく、普通預金に比べたら利息も良いのですが、最近の銀行の定期預金金利は大変低く、積極的に資産を大きく増やすには向いているとは言えない状況です。山口銀行の預金商品も、山口銀行で年金受取をしている方専用の定期預金や退職金専用定期預金等の限定商品、キャンペーン時の商品以外は金利には期待できないようです。

その点ドルなどの外貨で運用する外貨預金は元本保証はされませんが、現在は円貨よりも金利が高い傾向にあるので大きな利益も期待できます。山口銀行の外貨預金では米ドル、ユーロ、豪ドル、人民元及び主要国通貨を取扱っており、外貨普通預金、外貨当座預金と外貨定期預金があります。しかし外貨預金にはリスクもあります。預けるときと払い戻すときの為替レートの差によっては損失(為替差損)もあり得るので、円高円安などの知識や、世界経済の動向にも注意を払わなければなりません。

また投資信託は、お客様に代わって投資の専門家である投資会社が運用する商品です。元本の保証はありませんが、資産運用会社が大きな損失にならないように国内外の株式や債券などに分散して投資します。山口銀行では現在70以上のファンドを取扱っており、お客様のニーズに合わせてさまざまなタイプから選択することができます。少ない金額からでも購入できるので、初心者でも安心です。

そして公共債は国や地方自治体が発行し銀行や証券会社が販売している債券です。元本や最低金利は日本国や公共団体が保証しているので、きわめてリスクの少ない資産運用商品です。山口銀行では少額からスタートでき変動と固定の2種類の金利を選択できる個人向け国債や、半年に1回利子が受け取れるタイプの利付国債などを取扱っています。国債等公共債はペーパーレスなので紛失する恐れもなく、山口銀行では口座管理手数料も無料です。