堅実経営を守り続ける愛知銀行

愛知銀行の保険商品

愛知銀行は地域金融機関として資産運用や老後資金対策など多様化するお客様のニーズに応えるために、各種保険商品などの金融サービスにも力を入れています。

愛知銀行が取扱う保険商品は、個人年金保険、終身保険、医療保険、がん保険などですが、支店によっては取扱いのない商品もあります。銀行で保険を検討することのメリットの一つは、窓口やホームページで一度に多くの企業の商品を比較できるというところにあります。

個人年金保険とは、老後の生活資金を準備するための保険で、一定の年齢から年金として受け取ることができます。個人年金には定額年金と変額年金があり、定額年金は支払った保険料に対して将来受け取る年金額が決まっているタイプです。元本割れなどのリスクが少ないのがメリットです。変額年金は保険契約者自身が投資信託などの金融商品を選択し、保険会社が年金原資を運用・管理する商品です。そのために運用実績によって将来受け取る年金額が変動します。

終身保険は一生涯保障が続き、被保険者が死亡時や高度障害を負った時点で遺族や保険金受取人に保険金が支払われる保険です。一時払と平準払の2タイプがあり、また外貨建の商品もあります。一時払終身保険は、契約時に一括で保険料を支払うタイプです。保険料が安い、加入年齢の限度が高いなど、加入条件が易しいというメリットがあります。それに対して平準払終身保険は、一定の保険金を一定期間払い込むタイプの保険です。どちらも一定期間が経過すると払い込んだ保険料よりも解約返戻金の方が多くなり、定期預金に預けるよりもお得になります。解約返戻金を子供の学費などに利用することもできます。

がん保険は医療保険のうち、がんのみを対象とする保険です。がんと診断された時の診断給付金、入院や手術給付金、抗がん剤など治療のための通院給付金など、各社様々なサービスや特約を付けています。またがんと診断されたときに収入保障が付くがん保険もあります。